2007/11/10

投資信託 ランキング

投資信託は、銀行・郵便局にお金を預けていても利率は、とても低く、ほとんど利益を得られない状況です。しかし、投資信託は、少なくとも年間5%は利率がつく可能性があります。投資家は資金を提供するだけで運用はファンドマネージャーが行ないます。これが投資信託です。投資信託は、分散投資が可能な点です。一つの会社に集中投資をする場合、とてもリスクが高いです。その会社が倒産してしまったらすべてを失ってしまいます。投資信託の場合、回避することができます。それは、投資信託はリスク回避のため、いろんな会社や債券などに分散投資を行なっているからです。投資信託のリターンは銀行預金よりも大幅に大きいのですが、もちろんリスク(損失の機会)もあります。景気が悪くなった場合は株式市場が軟調になり、投資信託の運用成績も悪くなります。そうなると元本割れです。しかし、その元本割れのあとに大幅な上昇が待っているのが株式市場です。投資信託の運用に複利があります。福利というのは、短期で見ると効力を発揮しませんが長期で見ると驚くべき効力を発揮します。投資信託を長期運用すれば、少しでも預かることができます。投資信託の本質は短期投資ではなく長期投資です。余裕資金で投資をして、余裕資金を一度にすべて使わないようにしましょう。 RSS関連リンク 気ままな落書き。 東京都内在住、某証券会社勤務のサラリーマン。日本橋で頑張ってます。。 逃げあしナンバー1 ?元証券マンの日和見 投資顧問家を目指す元証券マンの株情報や、投資運用実績を公開しているブログです。 フジサンケイ ビジネスアイ - 金融・証券ニュース フジサンケイビジネスアイの金融・証券ニュースをお届けします。