2007/11/10

投資信託 ランキング

投資信託は、銀行・郵便局にお金を預けていても利率は、とても低く、ほとんど利益を得られない状況です。しかし、投資信託は、少なくとも年間5%は利率がつく可能性があります。投資家は資金を提供するだけで運用はファンドマネージャーが行ないます。これが投資信託です。投資信託は株式、債券、外貨、不動産など様々な金融商品が投資対象です。例えば不動産投資です。REIT(不動産投資信託)を利用すれば小額で不動産収入を得ることができます。REITはかなり人気のある金融商品です。そのほか、インド・中国株の投資信託も人気があります。これらは、個人では投資できないようなものです。投資信託は、手数料がかかります。手数料は大きく分けて2種類あります。それは信託報酬と販売手数料です。投資信託は、買い付けるときにに販売手数料がかかります。投資信託は銀行や証券会社、郵便局などが販売を委託されています。販売手数料というのは、そういった機関に支払う仲介手数料みたいなものです。投資信託は、短期で見るとそこまで増えないですが、長期で見れば驚くべき運用結果を見せてくれるのが複利のすごいところです。利率が高ければ高いほど、そして時がたてばたつほど大幅に資産が増加していきます。運用するのであれば、短期より長期で運用しましょう。 RSS関連リンク 証券新報ダイジェスト 証券新報ダイジェストです。 野村證券投資信託 概要無し 分割・配当・増減資 分割・配当・増減資です。