2007/11/10

投資信託とは

投資信託は、銀行・郵便局にお金を預けていても利率は、とても低く、ほとんど利益を得られない状況です。しかし、投資信託は、少なくとも年間5%は利率がつく可能性があります。投資家は資金を提供するだけで運用はファンドマネージャーが行ないます。これが投資信託です。投資信託と銀行預金の大きな違いは、元本保証の有無です。銀行の預金には元本保証がありますが、投資信託には元本保証がありません。投資信託は、運用が失敗すると元本を割り込むこともあります。運用が上手くいけば元本を大きく上回り、大きな利益が得られます。元本を割り込むリスクがあるぶん銀行預金よりも利益は大きくなります。投資信託は、元本割れのリスクがあります。金融市場で資産運用するため、当然リスクはあります。元本を割っている投資信託を目にすることもあります。リスクがつきものです。ファンドマネージャーが優秀かどうかを見分ける材料は過去の実績と今後の投資方針ぐらいです。投資信託は、短期で見るとそこまで増えないですが、長期で見れば驚くべき運用結果を見せてくれるのが複利のすごいところです。利率が高ければ高いほど、そして時がたてばたつほど大幅に資産が増加していきます。運用するのであれば、短期より長期で運用しましょう。 RSS関連リンク 経済指標・統計情報 経済指標・統計情報です。 国内市場概況 国内市場概況です。 外資系動向 外資系動向です。