2007/11/09

投資信託とは

投資信託は、一般投資家から集めたお金(資金)をまとめ、そのお金を株式や国債、公社債等の有望な投資先をファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロにゆだね、金融市場で運用してもらうことです。その運用の結果、生じた利益を分配金として、投資家に還元する金融商品です。投資信託は、分散投資が可能な点です。一つの会社に集中投資をする場合、とてもリスクが高いです。その会社が倒産してしまったらすべてを失ってしまいます。投資信託の場合、回避することができます。それは、投資信託はリスク回避のため、いろんな会社や債券などに分散投資を行なっているからです。投資信託のリターンは銀行預金よりも大幅に大きいのですが、もちろんリスク(損失の機会)もあります。景気が悪くなった場合は株式市場が軟調になり、投資信託の運用成績も悪くなります。そうなると元本割れです。しかし、その元本割れのあとに大幅な上昇が待っているのが株式市場です。投資信託を利用するうえでの極意は、長期で運用するのがベストです。投資信託で長期運用した場合、複利の力を最大限に利用することができるからです。複利の力というのは時間をかければかけるほど着実に、そして大幅に資産を増やしていくことができます。 RSS関連リンク 注目株の動き 注目株の動きです。 資格 資格、資格難易度、宅建資格、学芸員資格、宅地建物取引主任者資格、宅地建物取引主任者資格試験、カウンセラー資格、環境資格、保険資格、証券外務員資格、ファイナンシャルプランナー資格、税理士資格、看護師資格、公務員資格、教員資格、資格種類、在留資格認定証明書、マッサージ資格、民間資格、 決算発表予定 決算発表予定です。