2007/11/09

投資信託

投資信託は、銀行・郵便局にお金を預けていても利率は、とても低く、ほとんど利益を得られない状況です。しかし、投資信託は、少なくとも年間5%は利率がつく可能性があります。投資家は資金を提供するだけで運用はファンドマネージャーが行ないます。これが投資信託です。銀行と投資信託には大きな違いがあります。それは利回りの違いです。銀行預金利回りは、0.2%ぐらいです。投資信託利回りは、平均で5%ぐらいは可能です。多少リスクをとってでも投資信託を購入する方が有利です。10年間ぐらいの長期で運用すれば利益も年利回り5%以上で安定してきます。投資信託の手数料のひとつとして信託報酬があります。投資信託は、お金を預けて資産運用を代行してもらうという形をとりますから、投資信託を運営しているファンドマネージャーたちに運用報酬を払う必要があります。その運用報酬が信託報酬にあたります。経済というのは好況・不況が交互に来ますから、どうしてもその影響を株式市場も受けてしまいます。しかし、不況のあとは必ず好況が来るということです。不況時に株式市場はじわじわ下がり、好況時に大幅に上昇します。ですので、買い付けるときは不況時に買い付けるのが理想的です。また最低3年以上、できれば10年間の長期運用を考えて投資しましょう。 RSS関連リンク 実録かぶと町 実録かぶと町です。 株価ランキング 株価ランキングです。 IPO情報 IPO情報です。