2007/11/09

投資信託

投資信託は、投資のプロであるファンドマネージャーに金融市場にて、投資先を選択して複数運用していき、利益を投資家に分配していくものです。投資家は、個々の投資先について検討せずに、お金を投資信託に預けることにより、資金の運用をすべて投資信託のファンドマネージャーに委託する金融商品です。銀行と投資信託には大きな違いがあります。それは利回りの違いです。銀行預金利回りは、0.2%ぐらいです。投資信託利回りは、平均で5%ぐらいは可能です。多少リスクをとってでも投資信託を購入する方が有利です。10年間ぐらいの長期で運用すれば利益も年利回り5%以上で安定してきます。投資信託は、元本割れのリスクがあります。金融市場で資産運用するため、当然リスクはあります。元本を割っている投資信託を目にすることもあります。リスクがつきものです。ファンドマネージャーが優秀かどうかを見分ける材料は過去の実績と今後の投資方針ぐらいです。投資信託の運用に複利があります。福利というのは、短期で見ると効力を発揮しませんが長期で見ると驚くべき効力を発揮します。投資信託を長期運用すれば、少しでも預かることができます。投資信託の本質は短期投資ではなく長期投資です。余裕資金で投資をして、余裕資金を一度にすべて使わないようにしましょう。 RSS関連リンク 証券と投資信託 証券や投資信託の最新情報を集めています 証券会社情報 証券会社の情報,比較,手数料,口座開設の方法,株や投資信託に関することなど、証券に関することを集めています 株価格付け 株価格付けです。