2010/09/19

アジアン家具

アジアン家具とは、ソファやテーブル、ベッド、ダイニングチェアー、収納家具等を、インドネシア、中国、タイ、ベトナムなどで作った、アジア独特の雰囲気を持った物をいいます。

材質としては、チーク材やバンブーが主流になっていますが、クルミ材も使われています。そして、アジアン家具を置くことにより、バリ風のリゾートホテルのような空間を作り出すことができることから、最近は特に人気を呼んでいます。

仕事で疲れた身体や心を、癒してくれるからです。それは、天然素材で作り上げた、家具やインテリア小物だからこそできるのです。

さて、アジアン家具は、冬場の乾燥を嫌いますから、乾燥対策をする必要があります。
特に、無垢のチーク材で塗装膜の無い仕上げの家具は、湿度の影響を受けやすく、 ヒビが入ったり変形してしまう恐れもあります。暖房の熱や風が直接家具に当たらないようにして、水を入れたコップを置いておくといいでしょう。

アジアン家具は、美しいと感じる人間の美的感覚にマッチするもので、美しい物を見て美しいと感じる心理作用こそが、精神的にゆとりのある生活につながります。

美的意識をもってインテリア作りを考えて、住空間にとって美しさとは何かを常に追求するのも、いいでしょう。