2010/06/10

バンダイのリトルジャマー

リトルジャマーとは、これはバンダイで開発された身長10cmほどの人形によるジャズ演奏を楽しむためのおもちゃです。

ピアノ、ウッドベース、ギター、サックス、ドラム のパートを受け持つ5体の人形それぞれの台座にスピーカーが組み込まれており、それぞれの楽器の音が響き、アクションとシンクロするので、プレイヤーの配置によってライヴ感は自由自在にtの染むことがですます。

サックスはラテン系、ベースギターはアフロ系、ドラムとピアノはアングロサクソンという風に設定されています。 おもちゃといっても音楽に合わせた動きやサウンドは、まさに臨場感にあふれ、我が家でジャズの生演奏が楽しめるって感じです。

人形の動きは実にリアリティにあふれています。サックスは口と両手でゆるやかに支えられており、お腹から出ている中継パーツによりサックスが左右に動き、手がそれに連れて動いて見えます。 ピアニストは、音程の高さで左右の手の動きを振り分けています。

ドラマーの動きはさらに細かい設定が施されています。シンバル類が鳴るときには右手、スネアドラムを叩くときには左手、バスドラムではドラムセット自体が動くといった具合に細かく設定されています。アクセント音で帽子が上下するなどの動きで貴方の楽しいひと時を演出します。

リトルジャマーの音源チップは、もともとステレオで使うためのものを3個使用しています。ひとつのチップに2チャンネルが用意されているんで゙す。ということは6チャンネル。
そのチャンネルごとに楽器が割り振られるというわけですが、なのになぜカルテット(5人編成)で発売されたのでしょうか?ピアノトリオでベーシックにいくか、カルテット(4人)あるいはクインテット(5人)がいいか、などと悩みながらも試作は7体まで製作されました。

そして最終的で「音楽性と使い勝手と価格のバランス」を考えてトランペット、パーカッションをはずしたクインテットに決定しました。

なお、クインテットとなったのにはもうひとつ理由があったらしいです。それは、「ヒーローは5人編成がよい」というバンダイ的縁起かつぎだったとか。 バンダイの音に対するこだわりからケンウッドと提携してリトルジャマーミーツケンウッド(LIYYLI GAMMAY meets KENWOOD)が、音質の向上に加えて外観の質感もグレードアップし、限りなく本物に近い音を携えて還ってきました。

アクションと音の一体感もよりいっそう強化され、新たにメジャーナンバーが5曲追加され、全25曲。LIVEボタンが設置され、内蔵曲の前後に歓声が入るというまさにライヴハウスの熱気が堪能できる様になりました。