2010/04/22

「ビオナーデ」とは!

ビオナーデをご存知でしょうか?初耳だという方もいるかもしれませんね。

ドイツのビオナーデ社という会社が開発して製造販売している発泡性のソフトドリンクなんです。

作り方はビールと似ていて、麦芽を発酵させ、その後に炭酸・天然香料を添加して作っているということです。キャッチフレーズは「よりよい世界の公式飲料水」だそうです。

ビオナーデは自然のオーガニック素材から作られている炭酸飲料です。

味の種類は、ハーブ、ホルンダー(西洋ニワトコ)、ライチー、ジンジャー・オレンジの4種類が発売されています。

通常炭酸飲料は化学添加物が含まれているのが当たり前ですがこのビオナーデは一切含まれていないのです。そのことが人々の注目を集めているところでしょうか。コカコーラ社はご存知のとおり、世界ナンバーワンの清涼飲料水のメーカーです。

しかし、ドイツ国内において、ビオナーデの売り上げは、コカコーラ社の次にランクされるほどになってきています。地道なPR活動を我慢強く行ってきたことが、ここにきて花開いてきたようです。

一時は開発の途中で破産しかけたことがあるそうですよ。現代の世界、特に先進国の趨勢は環境問題や健康的な生活を送るためにはどのように進めばいいのかといった課題が中心となってますから、ビオナーデのようなオーガニックを前面に打ち出しているような製品は今後、広く受け入れられていくような気がします。

ビオナーデ社も製品に自身を持っているようで、コカ・コーラ社が数億ユーロでの買収を持ちかけたのですが、ビオナーデ社は断ったということです。