2010/03/26

ゴルフシューズのお手入れ

ゴルフシューズは、練習場とコース、どちらにも同じゴルフシューズを履くのが良いでしょう。

コースの時のみゴルフシューズにすると結構歩き回りますので、慣れない靴であると靴擦れを起こしてしまい楽しいはずのコースも苦痛になってしまいます。
この方法は練習で慣らすという意味でも私はお勧めします。

最近のゴルフシューズの主流は、ソフトスパイクシューズとスパイクレスシューズです。
ともにグリップ力、堅牢性とともにスウィングの体の軸を正しく保ってくれる機能を持っています。

この足元がしっかりしたスウィングからは、安定した打球が生まれ高スコアーも期待できます。

初心者のゴルフシューズ選びはどこをみればいいのでしょうか。
当たり前のことでが、履き心地がいいことに尽きると思います。
それとサイズ。特に女性の場合、足が大きいと思われることを嫌うせいか、多少控えめサイズを選びがちですが、つま先と靴の先との間に1㎝くらいの隙間を確保するサイズを選びましょう。

ゴルフを楽しむ為にはゴルフ道具だけではなくゴルフシューズのお手入れも大事です。
湿気は革の大敵です。
カビの発生を防ぐためにもお手入れを済ませてから保管して下さい。
とくに梅雨の時期は、ときどき風に当てるましょう。また靴を長持ちさせる便利な道具であるシューキーパーもお勧めです。