2010/03/08

猫の病気について

猫の病気については、スラスラと説明できる人は少ないのではないでしょうか。

飼い猫の具合が悪くならない限り、猫の病気を意識する機会はあまりないと思いますが、どのような病気があるのかは知っておいたほうが良いでしょう。

主な猫の病気には、猫ウィルス性鼻気管炎、猫カリシウィルス感染症、トキソプラズマ症、クラミジア感染症などがありますが、人間と同じような生活習慣病である糖尿病にかかる猫も増えていますので、注意が必要です。
このように猫の病気は多種多様ですが、この中にはワクチンの接種により予防できるものもあります。
例えば、インフルエンザとよく似た症状をみせる猫カリシウィルス感染症の他にも、吐き気や下痢の症状をみせる猫伝染性腸炎、風邪の症状が出る猫ウィルス性鼻気管炎、目やにを伴う結膜炎の症状が出るクラミジア感染症などです。

これに対し、予防できない猫の病気としては、猫のエイズと呼ばれている猫免疫不全ウィルス感染症、重症になると腹水や胸水の症状が出る猫伝染性腹膜炎があります。

どんなに予防を心がけていても、飼い猫が病気にかかってしまうことはあります。素人判断で対処しては手遅れになることもありますから、病院に連れて行くことになるわけですが、この病院の選び方が重要。
評判のいい病院を選ぶのはもちろんのこと、緊急の場合でも診察してくれて十分な説明やアドバイスをしてくれる病院を探すことが肝心です。

普段から担当の獣医師と信頼関係を築いていることが望ましいですね。
猫に限らず、犬や小動物のペットは病気になるまで気がつかないということもよくあります。病気にかかって、重症になって初めて気がつくようでは手遅れになってしまいます。

普段から飼い猫の健康時の状態を細かく観察していると、元気がない、便の状況がいつもと違うなどの、小さな病気のサインにもすぐに気がつくようになります。

猫は口で自分の身体の状態を飼い主に訴えることはできないわけですから、飼い主の責任として、早期に猫の病気を見つけてあげたいものですね。