2010/01/12

お年玉付き年賀はがき

お年玉付き年賀はがきとは、俗に言うお年玉つき年賀状のことで毎年正月に配達されます。

取り扱っているのは平成19年10月1日から民営化された郵便事業株式会社(旧称日本郵政公社)です。毎年1月の中旬に抽選があり、当選すると、さまざまな商品を手にすることができます。

お年玉つき年賀はがきをはじめとして、一般的に年賀状の投函はできるだけ12月20日頃までに済ませましょう。
早く投函をしても年賀状であればもちろん、普通のはがきでも赤字で年賀と記入すれば、年賀特別郵便の取り扱いということになって、年末まで局内に留め置かれ、元日の配達とされます。
ここ数年お年玉つき年賀はがきをはじめ、年賀はがき全体の売り上げ総数が以前に比べると明らかに低下しています。

原因としては色々と考えられると思いますが、やはり最も大きな理由は携帯電話やパソコンメールの普及によって、若い人たちが年賀状を送らなくなったことでしょう。

郵便事業株式会社はお年玉つき年賀はがきの売り上げを増やすために、今までのようにもらった人だけではなく、買った人、送った人もお年玉があたる年賀はがきを発売します。

50枚以上買えば応募券付きはがきが1枚もらえ、それで応募すれば各地の郵便局長が薦める賞品が当たると言うものです。