2009/06/02

過払いの相談窓口

引き直し計算をしても過払い請求が出来ない場合には、計算された残りの額まで返済します。

また、その時点で支払いが不可能になった場合には、特定調停を申し出ることが出来ます。
この他、お金を借りた業者に利息制限法に違反しているので、利息を下げて欲しいと直接交渉も出来ます。

どうしても、金融業者に返済することができない場合には、債務者が裁判所に依頼して、借金を整理する特定調停があります。
けれども、特定調停をするより司法書士に過払い請求を依頼する方が、金額的には安く済みます。

また、サラ金の訴訟にも対応してもらえるので、安心できます。
金融業者やサラ金からお金を借りて過払いが発生し、過払い請求に応じてくれない場合には、訴訟請求をします。

この場合、訴状を裁判所に提出しなければなりません。訴状には必要事項を細かに記入するところがあります。
すべてを記入してから、被告か債権者の住所を管轄している裁判所に提訴します。

過払い請求や過払い請求返還訴訟に関する相談窓口は、司法書士事務所や法律事務所などに無料で設置されています。

中には、こうした相談にも報酬が必要な事務所もありますが、ネットなどで無料相談が受けられるところを調べてみると良いでしょう。こうした相談をうまく利用したいものです。