2009/03/24

トイレトレーニングのコツ

トイレトレーニングの重要性について学びましょう。

親と子供の共同でするコミュニケーションとしつけとして2歳以降を目安に行うのがトイレトレーニングです。

子供の成長と自立を見ながら少しづつ行うのがいいでしょう。トイレトレーニングの基本をまとめています。
ではどういうことに気をつけてトイレトレーニングを行うのがいいのでしょうか。

まずは親が手本を見せてあげることです。これは親自らが実践して見せてあげることで子供も理解しやすくなります。
その上で子供と一緒に行っていくのがいいのです。根気強く怒らないように教えていきましょう。

そしてトイレトレーニングの方法ですがどう教えていけばいいのでしょうか。
いろいろありますが大事なポイントは子供に対して声を掛けることです。

子供が用を足す時間を覚えておきその時間が来る少し前に子供に声を掛けてトイレに行く習慣をつけるようにすることです。
こうすれば自然とトイレに行くことを覚えていきます。

トイレトレーニングで大事なことの1つですが時間が掛かることが挙げられます。

子供により個人差があるのですがおむつから卒業するまで1年ほどかかるのが一般的な期間です。

トイレにキャラクター用品を置いたりおまるを好きなものにしたりすることでトイレに行くことが楽しくなります。工夫を凝らしながら気長に付き合いましょう。