2008/11/08

白内障の治療薬

白内障とは、加齢などが原因となって引き起こされる目の疾患の一つです。

目の中にあるピントを合わせるレンズの機能を果たす水晶体が白濁することによって、光のまぶしさが増したり、視界がかすんだりするようになります。

白内障は、伝染する病気ではありません。白内障で最も多くみられるのは「老人性白内障」ですが、若い人でも糖尿病や目の外傷、アトピー性皮膚炎、栄養不良などが原因となって白内障にかかることがあります。

また、ブドウ膜炎といった目の病気が引き金となっておこる「続発性白内障」というのもあります。

さて、白内障の治療に用いられる薬には、どのようなものがあるのでしょうか?内服薬としては、白内障進行予防に有効であるとされる唾液腺ホルモン製剤をあげることができるでしょう。

またアルドース還元酵素阻害剤は、主として糖尿病性白内障の治療に用いられるものです。白内障の進行を抑えるためには、日常生活の中でも多少の注意が必要となります。

屋外で強い紫外線にさらされたりするのは、白内障の予防の意味では好ましくありません。サングラスや保護眼鏡などを使って目をいたわり、強すぎる刺激を与えることを避けるようにしましょう。