2008/11/04

投資信託のメリット

投資信託は、仕事が忙しく投資に時間をかけることができない方や投資の知識が全くわからない方、また投資にお金を回す余裕があまり無い方に向いています。

お金に余裕のない人は、投資信託えあれば毎月1万円から積み立て運用ができます。

投資家は資金を提供するだけで運用はファンドマネージャーが行ないます。これが投資信託です。投資信託は、長期で運用が可能です。

毎月一定額、例えば一万円だけコツコツ積み立てていく投資法ならば、簡単にこともなく投資ができます。毎月コツコツ積み立てることによって、ドル・コスト平均法という投資効果が得られます。

ドル・コスト平均法はほぼ確実に利益を得ることができます。投資信託のリターンは銀行預金よりも大幅に大きいのですが、もちろんリスク(損失の機会)もあります。
景気が悪くなった場合は株式市場が軟調になり、投資信託の運用成績も悪くなります。

そうなると元本割れです。
しかし、その元本割れのあとに大幅な上昇が待っているのが株式市場です。

投資信託の運用に複利があります。福利というのは、短期で見ると効力を発揮しませんが長期で見ると驚くべき効力を発揮します。

投資信託を長期運用すれば、少しでも預かることができます。投資信託の本質は短期投資ではなく長期投資です。余裕資金で投資をして、余裕資金を一度にすべて使わないようにしましょう。