2008/11/03

三井住友銀行住宅ローン

「住宅ローン」は、「本人及びその家族」または「本人の家族」が居住するための住宅やそれに付随する土地を購入、または新築や増改築する際の資金の融資を受ける際に利用するローンです。

ですが、セカンドハウス・単身赴任中の住居と言った住宅には、住宅ローンを使えないケースがありますので、注意する必要があります。
色々なケースでの、住宅ローン説明をしていきたいと思っています。

住宅ローンを考えるに当り、まずは金利の種類について勉強していきましょう。

今回は、何種類かある住宅ローンの金利の種類ですが「変動金利型」について勉強して行きましょう。

変動金利型」とは住宅ローン金利が市場金利に変動して6ヶ月ごとに金利が見直されます。そのため、金利が低下している時には有利に、上昇している時には不利になります。
金利上昇が予想される局面では、早めに長期固定金利型に借り換えるようにする事です。

っと言った所が住宅ローン 変動金利型に付いての説明になります。

また、他にも「全期間固定金利型」「当初固定金利型」と言う住宅ローン金利がありますので、後々勉強して行きましょう。

住宅ローン金利と言えば、 この頃「フラット35」と言うのをよく聞きます。
それでは、フラット35のメリットとは一体なんなのでしょう。

フラット35のメリットは、最長35年、低金利で利用できます。

長期固定金利型の住宅ローンがあるのですが、金利がかなり割高になってしまい、魅力を感じることが出来ませんでした。

しかし、フラット35は証券化という手法を用いることで、長期間の融資にも関わらず低金利での融資が可能になったのです。
次に、フラット35のデメリットに付いて説明していきたいと思います。

ラット35のデメリットは、土地のみの購入には利用出来ないことです。
住宅建築用で、土地の購入費用のみでは、フラット35を利用することは出来ません。
また、土地と建設物とを併せて購入申込みする際、融資金は建設費の融資金と併せての受け取りとなってしまいます。
ですから、土地の購入資金だけ先に受け取ることが出ないので、一時的に資金を他のローン等で利用する必要があります。

次に、住宅ローンで気になるのが「諸費用」だと思います。

売買契約締結時に、「印紙税」と「仲介手数料」を払うことになります。

印紙税とは・・・
 売買契約書(建築工事請負契約書)に貼付物件価格(建築工事請負額)
  1,000万円超5,000万円以下 ・・・ 1万5千円
  5,000万円超1億円以下 ・・・ 4万5千円
の印紙が必要になってきます。

仲介手数料とは・・・
 中古住宅の場合、仲介業者に支払う。
 例:(税抜き物件価額×3%+6万円)×1.05
  契約時にはこの半分を支払うのが一般的

と言った、諸経費がかかってきます。

住宅ローンをしていると、誰もが早く住宅ローンから開放されたいと思うと思います。

その方法に、「繰り上げ返済」があります。
その「繰り上げ返済」の注意する点を考えて行きたいと思います。


住宅ローンの繰り上げ返済をする場合、「一定額こまめに繰上げ返済する」「貯めて一気に繰上げ返済する」といった方法があります。

それでは、どちらが早く住宅ローンから開放されるのでしょうか?


答えは、住宅ローンにより違うです。

繰上げ返済をすることにより手数料を取られる住宅ローンがありますので、こめまに繰り上げ返済をしていると、反対に手数料が多くなってしまい、余分にお金を払うことになります。

反対に、繰上げ返済が無料で行えるのであれば、一定の余裕金額が出来たらすぐに返済するようにすれば、その分金利を取られることなく「早く、安く」住宅ローンから開放されることになります。


今度は、JAバンク住宅ローンの特長について話して行きましょう。
JAバンクが取り扱いを開始した住宅ローン「JAあんしん計画」の最大の特徴は、金利が2段階固定型で公庫よりつねに0.1%低い水準に設定されていることです。

保険料は35年返済の場合で1000万円当たり65万円強となり、金利に換算すると0.3%弱です。
公庫の場合は団信への加入は強制ではありませんが、ほとんどの人が加入しています

JA(農協)の住宅ローン「JAあんしん計画」は、正組合員もしくは、准組合員が借りることができます。
JA住宅ローンは住宅の新築、増改築、中古住宅の購入、住宅用の土地の購入、住宅ローンの借り換えなどに利用できます。

住宅ローンの返済目安として・・・

年収250万円未満の場合25%
年収400万円未満の場合30%
年収400万円以上の場合35%

と言われています。
これは、ある程度生活レベルを維持するのに必要な資金を考えるとそのような率になるというものです。


RSS関連リンク
住宅ローンをシミュレーションする
みなさんが、住宅ローンをする上で一番気になるのが、「希望頭金」と「毎月の希望返済金額」で いくら借りることが可能なのか?と言う 続きは・・・

三井住友銀行住宅ローン
住宅ローンを組む際の諸条件というものは、新規に住宅を購入する場合や、立て替え、資金の借り換えの場合などで変 続きは・・・