2008/09/19

「りそな住宅ローン」のポイント

「住宅ローン」と言うと住居を持っている人にとって身近な存在ではあるが、住宅ローンを説明できる人はどれ程いるのだろうか?

「住宅ローンを組んでいるけど、住宅ローンについ詳しくはよく知らない」
「マンションを購入したいけど、住宅ローンの知識が全くない」
「住宅ローンの金利種類が多そうで、ややこしそう」
そんな住宅ローンについて『分からない』を持っているあなたに、このサイトでは「住宅ローン」をわかりやすく説明していきたいと思います。

住宅ローンを勉強するのに、まずは金利について知識を深める必要があります。

それでは、今回説明するのは、住宅ローン金利の全期間固定金利型にしましょう。

全期間固定金利型とは、ローン完済まで契約時の金利が固定されるため、低金利の時に全期間固定金利型を選択すると支払い総額を大きく抑える事ができます。
さらに、毎月の支払額が固定されますので、長期に渡って生活設計が立てやすいのが特徴です。
っと言った所が住宅ローン 全期間固定金利型に付いての説明になります。

また、他にも「変動金利型」「当初固定金利型」があり、また後日勉強して行きましょう。

この頃 住宅ローン金利で「フラット35」と言うのをよく聞きます。

フラット35のメリットを考えてみましょう。

ラット35のメリットは、保証料が無料と言うことです。
金融機関へ住宅ローンを申し込む時に、保証料と言う手数料が必要になります。

しかし、フラット35を利用する場合には、保証料が一切かかることがないのです。
次に、フラット35のデメリットに付いて説明していきたいと思います。

ラット35のデメリットは、土地のみの購入には利用出来ないことです。
住宅建築用で、土地の購入費用のみでは、フラット35を利用することは出来ません。
また、土地と建設物とを併せて購入申込みする際、融資金は建設費の融資金と併せての受け取りとなってしまいます。
ですから、土地の購入資金だけ先に受け取ることが出ないので、一時的に資金を他のローン等で利用する必要があります。

住宅ローンをする場合、「元金」と「金利」の他に「諸費用」を支払うことになります。

ローン契約締結時に、「印紙税」を払うことになるのですが、その他に「売買契約締結時」にも印紙税を払うことになりますが、売買契約締結時の説明は、別の記事にておこないます。
 ローン契約締結時の印紙税・・・金銭消費貸借契約書に貼付
 借入金額
  100万円超500万円以下 ・・・ 2千円
  500万円超1,000万円以下 ・・・ 1万円
  1,000万円超5,000万円以下 ・・・ 2万円
  5,000万円超1億円以下 ・・・ 6万円

っと言った、費用があります。

住宅ローンをする上で、「繰り上げ返済」を考えないと住宅ローン期間の短縮はありえません。
それでは、繰り上げ返済をすることによってどのように住宅ローン返済期間の短縮をしていくのか説明していきたいと思います。
住宅ローンの返済当初は、返済金額の利息割合が、かなり占めています。

繰上げ返済は、原則としてすべて「元金」に充当されるので、利息を軽減することが出来るのです。

っと言うことは、返済総額が少なくなり住宅ローン期間の短縮が出来るのです。

最後になりましたが、こんな住宅ローンの組み方はしないで下さい。

住宅ローンを組む時は、成功した時のイメージだけで考えてはいけません。

現在、共働きで余裕のある生活を送っているといって、二人分の収入換算で住宅ローンを組むと、どちらかが働けなくなった場合、住宅ローンの返済に支障をきたすことになってしまいます。

実際に、不動産購入後子供が出来てしまい奥さんが働けなくなる事例は、容易に考えられると思います。




RSS関連リンク
りそな銀行住宅ローン
りそな銀行の住宅ローン「りそな住宅ローン」のポイントは、変動金利・固定金利の2つの金利方式が選べて切り替えもできる点にありま