2008/07/31

住宅ローンの繰上げ返済方法

住宅ローンの繰り上げ返済は、ある程度、貯金することができたり、まとまったお金が手に入ったりしたならするとよいでしょう。

繰上げ返済を行なうことで、毎月の返済額や総支払額を下げたり、返済期間を短くすることが出来るのです。繰上げ返済を実施するにもポイントがあります。
金利の違う住宅ローンを利用している場合には、まず金利の高い住宅ローンから、返済期間の長い住宅ローンから繰り上げ返済を行なっていくことです。

住宅ローンの返済額は、元金と利子の合計額で決まってきます。繰上げ返済は、元金を早めに返済することです。
そうすることによって、利子を減らすことになります。貯蓄をするのと繰上げ返済をするのとでは、どちらが良いでしょうか?事前にシュミレートしておきしょう。

金利面を比較して見た場合、一般的な貯蓄商品と住宅ローンとでは、住宅ローンの方が金利が高くなっています。資産運用を行なって借入れ金額より、高い利回りを得ている場合を除いて、繰上げ返済をした方が得な場合が多いです。繰上げ返済の申し込みのときには、注意点があります。毎回の返済額の減額をするか、期間の短縮をするか、のどちらかを選ぶます。

貯蓄が減ってしまうのですから今後の予定を考えて選択しましょう。その他にも、繰上げ返済をするには手数料がかかるのと一回の繰上げ返済最低額が決められています。実施する前に金融機関に相談しておきましょう。


RSS関連リンク
住宅ローン金利 シュミレーションでの比較 サイトマップ
「住宅ローン金利 シュミレーションでの比較」のサイトマップを作成しました。