2008/07/17

ボイストレーニングで「ダイエット」

自分の声や話し方に自信を持てない方はかなりいるようです。些細なことかもしれませんが、人生の局面では影響が大きいです。そんな方々のために今、ボイストレーニング教室が注目されています。

ボイストレーニングというと歌がうまくなる、俳優の声を鍛える、といったイメージが強かったのですが、今では一般の方々も「自分に自信を持つ」「自分の声をよくしたい」「自分の話し方をきれいにしたい」などの理由で通っています。単に歌がうまくなりたいではなく、それ以外の自分のあり方について改善した人が教室の門を叩いているといえます。ビジネスリーダーにとって声の質は大事です。

信頼感が醸し出され、魅力ある声になることが必要です。これもトレーニングで変えることができます。まず、鼻から吸った息を下腹にため、それをゆったりと口から吐き出す腹式呼吸の練習を行います。それになれてきたらその吐き出す息に合わせてゆっくり話してみましょう。このとき、胸や肩を動かさずに呼吸することが重要なポイントです。

なぜならば胸や肩に余計な力を入れないことが、声の響きの太さ、弾力につながるからです。ではボイストレーニングをすることで歌がうまくなる以外にどのような効果があるのでしょう。
まず一番に上げられるのがおなかのダイエットでしょう。腹筋運動が必要なので自然と腹筋を使い、それがだんだんおなかまわりのダイエットにつながってくる、というわけです。
声が魅力的になり、話し方も美しくなり、さらにダイエットもできてしまうので、今では女性に人気があります。また教室に通うことで友達も増え、世界が広がるなど目に見えない効果もあるようです。

ボイストレーニング(略してボイトレ)は、欧米では歌手になろうとしない普通の人でも受けています。それは自分の声の質をよくし、対人関係で影響力が発揮できるからです。例えばアメリカではビジネスマンの上級者はやはりボイトレを受けています。また大統領も自分の声の質、伝える力、魅力度アップのためにボイトレを受けています。

やはり心地よい声は相手に好印象を持たれますし、その後の関係もいい関係が続けられそうです。そんなこともあり、最近では日本でも歌手でない普通の人もボイトレを受けるようになりました。