2008/06/22

便秘薬の成分を知る

あなたの便秘薬選び、間違っていませんか。

便秘薬を選ぶ前に、まず便秘について正しく知ることが大切です。便秘には、便を我慢することによる習慣性便秘、大腸の働きが弱くなり便がうまく送り出せない弛緩性便秘、ストレスなどで大腸が収縮してしまい便を長時間留めてしまう痙攣(けいれん)性便秘などがあります。それぞれの便秘に適した便秘薬を選ばないといけません。

習慣性便秘や弛緩性便秘は、膨潤性便秘薬や刺激性便秘薬により改善されます。

膨潤性便秘薬は水を吸収して膨潤する成分からできており、十分な水とともに服用すれば膨潤した繊維状成分が大腸を刺激して運動を活発にします。刺激性便秘薬は小腸や大腸の粘膜を刺激してぜん動運動を改善する薬剤で、市販品ではコーラックやタケダ漢方胃腸薬などが該当します。

一方、痙攣性便秘には膨潤性便秘薬や刺激性便秘薬はあまり効果がありません。痙攣性便秘の場合には、マグネシウムなどのミネラルの働きにより硬くなった便に水分を取り込んで柔らかくしてくれる塩類性便秘薬を選びます。市販薬ではミルマグなどの塩類性便秘薬が販売されています。

もちろん、安易に便秘薬に頼ることなく普段から便秘にならないような生活を送ることもとても大切です。

たとえば毎日決まった時間にトイレに入る、朝食をしっかり食べる、朝起きたときに冷たい水や牛乳を飲む、食物繊維を多く含む野菜を食べる、などなどちょっとした心がけ次第で便秘になりにくい体質になります。あなたも便秘薬に頼らない生活を送ってみませんか。