2008/06/13

アデノイド手術の内容

アデノイド手術とは、咽頭扁桃の手術のことです。アデノイド(咽頭扁桃)は子供のときには大きなものですが、これが原因で睡眠時に無呼吸状態が出たり、慢性鼻炎・中耳炎になってしまったりなどと障害が出ることもあります。

そういった場合は手術を勧められることもあります。アデノイド手術を行うのには理由があります。
それはアデノイドを縮小させる薬が現在無いこと。アデノイド肥大のせいで中耳炎や睡眠時無呼吸症候群になっているとわかっても、根本を薬で治療することはできません。

必ず医師の指示のもと、正しい治療を行いましょう。アデノイド手術は、全身麻酔をした後に、口からアデノイド切除用の特殊な器具を入れ、患部を切除します。
ですから、外見的に傷の残るような手術ではありません。切り取った後の傷も、通常出血はわずかで、たいていの場合は自然に止まる程度です。

また、手術時間は長くても1時間程度です。アデノイド手術時の入院日数は、病状や病院にもよりますが、たいていの場合は4~5日程度です。また、この期間を過ぎれば、入浴や運動も通常通り可能です。

術後は傷口が開いてしまわないよう、お粥やプリンなどの柔らかいものを食べるようにしていれば大丈夫です。