2008/06/08

抗酸化力が高いアスタキサンチン

アスタキサンチンとは、サケ、オキアミやエビ、カニの殻や甲羅に含まれている赤い色素です。

サケは本来白身魚なのですが、オキアミやエビ等を餌にしているのでアスタキサンチンが身に蓄積されサーモンピンクになります。
富士化学工業が行ったアスタキサンチンの健康補助食品としての安全性確認の試験では、6mg/日/3ヵ月摂取した長期摂取試験、同じく30mg/日/4週間摂した取過剰摂取において副作用など人体に悪影響を及ぼすといった報告はされませんでした。

アスタキサンチンは脂溶性で細胞のミトコンドリアに取り込まれるとビタミンAに変化し、ガンの原因ともいえる活性酸素に強力な抗酸化力を発揮します。

最近の研究では、アスタキサンチンは、肌老化のもとになる紫外線からも肌をしっかりと守ってくれることが分かっています。

肌荒れやシワ予防、シミの抑制、肌の保湿などにも効果があり美容業界からも注目されている成分のひとつです。