2008/05/28

超カワイイ ティーカッププードル

ティーカッププードルはその名前が示すとおり、ティーカップに入るほどの小さいプードルということで超小型プードル犬に対して付けられた愛称です。
時々、ティーカップに収まったかわいいプードルの写真が紹介されていますが、一見ぬいぐるみと見間違うほどの小ささです。

もともとはアメリカで誕生し、人気が拡大したティーカッププードル犬、最近日本でも知られるようになり、その人気が高まっています。


ィーカッププードルといっても、成犬がティーカップの中に入ってしまうというわけではありません。幼犬時代の体重500g~600gの大きさで入ることが可能なわけです。このティーカッププードルは残念ながらプードルについての正式なサイズ名称ではありません。

現在プードルの体高による名称はスタンダードプードル、ミディアムプードル、ミニチュアプードル、トイプードルの4種となっています。ティーカッププードルは超小型犬ではありますが、プードルなのでしつけもそれほど難しくはなく、どちらかというと飼いやすい犬であると言えるでしょう。ただし、超小型であることから、ちょっとしたことで骨折しやすい心配な一面もあります。

超小型犬はあまり長生きしないという人もいるようですが、反論意見もあり、はっきり結論づけることはできないようです。

だだし、健康やケア面ではやはり十分に気をつけてあげた方が良いでしょう。小型犬を飼いたいと願っている人にとってティーカッププードルは確かに魅力たっぷりの犬かもしれません。

友人から譲り受ける、あるいは信頼できるブリーダーがいるなどであれば、安心できますが、最近は悪質なブリーダーやネット業者が増えています。

人気が先行し、頭数が極端に少ないティーカッププードルは異常な高値がついており、こういった悪質業者のねらい目になっているわけです。購入を検討する場合は信頼できる業者かどうかをまず判断することが大事ですね。