2008/05/27

敏感肌になる、理由

敏感肌とは、僅かな刺激にも過敏に反応し、トラブルを起こしやすい肌の状態のことをいいます。
しかも、普通の人よりも反応が敏感で、かゆみ、かぶれ、赤みなどの炎症症状を起こすこともあります。また、肌がカサつきやすい、荒れやすい、などの場合もあります。

敏感肌の原因は、角質層の全脂質の40~60%を占めるセラミドが不足している状態で起こりやすくなります。
セラミドが不足すると、皮膚の持つバリア機能が低下してウイルスやアレルゲンが進入しやすく、また炎症を引き起こしやすい状態になります。

敏感肌の予防対策には、皮膚をあまり強く刺激しない、顔をこすり過ぎないなどの注意が必要です。

また、洗顔やクレンジングなどのとき、化学成分の強い石けんを使わないことも大切です。さらには、肌を乾燥させない、ストレスをかけないなどにも気をつけましょう。敏感肌という医学的概念はない、と言われることもあります。

自分が敏感肌だと意識しすぎることが、肌を過敏な状態にする原因だという意見もあります。過剰に意識することはストレスの原因ともなりますが、日頃の手入れや環境に注意することが大切です。