2008/05/22

トイレトレーニングの方法

トイレトレーニングとは小さな子供が自分の意思で排泄を行うことを親に知らせることや自分でコントロールできることです。

子供自身が自分でトイレに行きたいと意思表示して排泄を行えることです。これができるようになると成長したといえます。
トイレトレーニングについてまとめています。

ではどういうことに気をつけてトイレトレーニングを行うのがいいのでしょうか。
まずは親が手本を見せてあげることです。

これは親自らが実践して見せてあげることで子供も理解しやすくなります。
その上で子供と一緒に行っていくのがいいのです。根気強く怒らないように教えていきましょう。

ついでにトイレトレーニングの方法について覚えておきましょう。子供の普段の用を足す時間を覚えておきタイミングをみながら声を掛けてトイレに行く習慣をつけます。

目安は用を足す時間が2時間間隔になったらトイレに行きましょう。
最初は座るだけでいいのです。できたら褒めてあげてください。

総括なのですがトイレトレーニングは一朝一夕でできるものではありません。親と子供が忍耐を重ねながら少しづつ覚えていかなければいけないのです。
用を足すことはトイレでするということを自然にできるようになるまで教えていくことが大事です。親が愛情を持って教えてあげましょう。