2008/05/19

老化とともにくる、加齢臭

加齢臭が資生堂により発見、命名されたのは2000年12月。意外と最近なんですよね。

「ストレス」や「花粉症」のように、以前からあったものに呼び名をつけることで、世間は大げさに騒ぎ立てるようになります。


加齢臭だってごらんの通り。
名前を付けられたことで多くの人が気にするようになりました。人間の鼻は、同じ臭いをずっと嗅いでいると、あまり臭いが感じられなくなる特性があります。

加齢臭に気づきにくいのは、このメカニズムも働いているのでしょう。ということは、自分で自分が臭いと感じたらもうアウト!周囲は大変な我慢を強いられていると思ってください。

加齢臭について思うのは、一体この人は、自分で臭いと感じないのかということ。中高年男性とはそれまでに厚かましいものなのでしょうか。
いえ、臭いに関して言えば口臭のきつい人も、変な香水の臭いを撒き散らす女性も、自覚のない場合が多いのかもしれません。


加齢臭とは、中高年特有の体臭のこと。これでしか嗅いだことがない独特の香りを持つヘアトニックを若者向けのワックスに変えても、口臭予防のつもりで飲んでいる仁丹をメントールのキャンディに変えても、加齢臭は消えません。

体を清潔に保つことが一番の加齢臭対策であることを知ってください。体を清潔に保つ、食べ物に気を遣う、日常生活から加齢臭の対策を取ることは可能ですが、仕事やライフスタイルによってはそれも難しいことがありますよね。


そういう時は、加齢臭対策グッズに頼るのもいいでしょう。
飲むだけで加齢臭が薄くなるサプリメント「無臭物語」は評判が良いようです。
体に塗るタイプの加齢臭対策グッズもあります。

中高年向けの化粧水「松の肌水」は、肌に潤いを与えつつ加齢臭の発生を抑制してくれます。
化粧水なんて女子供の物だ!と考えているのなら無理には進めませんが、あなたの臭いで困っているのはその女子供です。それを忘れないでください。加齢臭だけではなく、動物性脂肪は様々な病気の原因にもなっています。

動脈硬化、高コレステロール血症、大腸がん、心臓病……。動物性脂肪の摂取を抑えることは、これらの病気の対策にもなるわけです。動物性脂肪は肉の脂身やラード、バターはもちろん、卵にも含まれています。食物繊維を多く含む食品は、
海苔、ワカメ、ヒジキなどの海藻類。
エノキダケ、なめこ、椎茸などのキノコ類。
サツマイモやサトイモ、こんにゃくなどのイモ類。

野菜や果物はもちろん食物繊維が豊富に含まれています。
これらを食べることで大腸がすっきりし、加齢臭を抑える対策となるのです。