2008/05/16

投資信託はリスクは、どうなのか?

投資信託はリスクが少ないのですが、それだけ手数料がかかります。投資信託は、プロに運用をしてもらっています。いわば、プロを雇って運用している形態となります。しかし、この手数料は一定ではなく、購入先や、購入するファンドにより異なります。投資信託の手数料を比較して、できるだけ手数料を下げることも投資信託を選ぶポイントとなります。投資信託の手数料には、「購入する時の手数料」「保有している間の手数料」「解約するときの手数料」という3つの手数料があります。投資信託の購入するときの手数料は、同じ投資信託であっても、購入先でことなってきます。投資信託は、まったく同じものであってもさまざまなところで取り扱っており、購入することができます。同じ投資信託が郵便局や銀行、各証券会社で取り扱われています。このときの手数料は、異なります。投資信託が同じなのでリスクは同じ。購入するときの手数料をうまく比較して、一番安いところから購入する必要があります。投資信託にかかる手数料は、全体のバランスが必要です。どうしても、販売手数料が安いものに目がいってしまいますが、運用している最中にかかってしまう信託報酬も重要です。かといって、信託報酬が若干高くても、運用期間が短ければ十分安い手数料となります。バランスを考えて、投資信託の手数料を比較することが必要です。投資信託の手数料はバランスが必要です。そして、バランスを重視するにしても、手数料を比較するのも結構大変ですね。そんな中で、これは、便利というサイトがありました。ファンドは、さまざまなものがあり、どれがよいと一概に言えないものです。手数料についても、比較はむずかしい。しかし、ここではそれが一覧表になっています。