2007/12/16

住宅金融公庫 フラット35

フラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携することで実現した、長期固定金利の新型の住宅ローンです。これまでの変動金利の住宅ローンと違い、融資を受けた時点で最終的な返済額が確定するのが特徴で、繰上げ返済をする際の手数料も一切かからないと点も人気のひとつです。フラット35は融資金額の上限が高くなっているのも特徴のひとつです。これまで住宅金融公庫では年収800万円以上の人は購入金額の50%までといった上限が決められていましたが、フラット35は一律で8000万円または金額の90%までと借入金額が高くなっているのです。フラット35は申込みの際の費用はどの程度必要なのでしょうか?まず通常住宅ローンを申し込み時に必要な融資保証料が無料になっています。融資手数料は各金融機関ごとに金額が設定されており、これは必要となります。またフラット35では住宅がある一定の基準に達しているかの審査を行う適合証明手数料というものが必要となります。フラット35を利用する時点で注意したいのが申込みから承認までの時間です。通常2週間~1ヶ月と承認までに時間がかかることから、時間的に余裕を持って申込みを行わないと物件引渡し時に間に合わないということも起こりかねませんので、申込みの際には注意が必要です。 RSS関連リンク 金融支援機構提携で長期固定金利が可能 メリットについて解説】 フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して実現した 長期固定金利の住宅ローンです。主に短期の資金で資金調達を行う銀行などの民間金融機関は、 長期固定金利の住宅ローンを取り扱うことが難しいとされています。そこで、住宅金融支援 [サンケイスポーツ]反町隆史情報満載!サンケイ [サンケイスポーツ]反町隆史情報満載!サンケイスポーツコ ...... 「デコメール素材」ローン シルクフィールドホームページ 相模原市を中心とした不動産の仲介、リフォーム、新築オーダー、ガーデニング。(長期固定金利住宅ローン) 国民生活金融公庫。>>国民 生活 金融 公庫(みずほ 銀行)「みずほ銀行」ロト 常盤貴子 フラット35は本当に返済者にとって有利 な低金利固定ローンが導入されています。そこで一般の銀行の長期固定型金利の住宅ローンと比較をして見たいと思います。フラット35と銀行ローンを比較した時にその一番大きな違いは扱っている商品の種類です。前者は長期固定金利のみですが後者は金利、