2008/05/15

加齢臭の対策

香水をつけているわけではないのに、とってもいい匂いがする赤ちゃん。あの匂いにはお母さんの情緒を安定させる効果があるそうです。逆に、中高年男性特有の臭いが加齢臭。子供の頃お父さんに抱っこされるとお母さんとは明らかに違う匂いがしましたよね。今思えば、あれは加齢臭だったのでしょうか…。子供の頃に感じたお父さんの匂いは、どこか落ち着くものでした。それが例え加齢臭だったとしても、私の記憶には落ち着けるものとして残っています。ただし、度を越えた加齢臭は当然NG。実の父ならまだしも、上司のくっさい臭いなんて誰も嗅ぎたくはありません。男性は40歳を境に加齢臭が出るようになると言われています。それまでは全くなんでもなかったのに、ある日突然、臭い!加齢臭は突然にやってくるものなのです。日本人は清潔好きで有名ですが、中でも特に体臭にはうるさいですよね。年を取れば取るほど、清潔には気をつけなければならないのです。清潔好きな日本人が、特に気になる、気をつけているのが臭い。日用品売り場にこれほど防臭剤、脱臭剤が並んでいる国は他にはないのではないでしょうか。資生堂の調べによると、加齢臭はイヤな臭いランキング2位だとか。1位の口臭に次いで、嫌われているのが加齢臭なのです。中高年から発せられる独特の体臭、加齢臭。その名が示す通り、その原因は老化にあります。40代を境に皮脂から分泌される脂肪酸が酸化されやすくなり、それが臭いを発する基となります。つまり、加齢臭一番の対策は老化を防ぐこと。毎日の生活でアンチエイジングを心がけましょう。加齢臭対策となる抗酸化作用のある成分は、まずポリフェノール。植物が光合成する時に作られる物質で、体内に入ると抗酸化物質として作用します。大豆の胚芽成分に含まれているイソフラボンもポリフェノールの一種。体の中の活性酸素と戦い、除去してくれます。便が大腸に溜まっていると、汗腺や皮脂腺からその臭いがにじみ出て、加齢臭をより臭くすると言われています。つまり、大腸をきれいにすることが、加齢臭対策にもつながるわけです。大腸をきれいにするには、食物繊維を含む食品を多く摂ること。便秘対策と同じです。食物繊維を多く含む食品は、海苔、ワカメ、ヒジキなどの海藻類。エノキダケ、なめこ、椎茸などのキノコ類。サツマイモやサトイモ、こんにゃくなどのイモ類。野菜や果物はもちろん食物繊維が豊富に含まれています。これらを食べることで大腸がすっきりし、加齢臭を抑える対策となるのです。