2008/01/27

エクセル変換(ドキュワークス)

ドキュワークス(DocuWorks)とは、Microsoft社の「Word」「Excel」「PowerPoint」などのアプリケーションの種類を超えて一元管理でき、またPDFをはじめさまざまなフォーマットに対応しており、ドキュワークス文書からPDF・JPEGの作成も可能である。

紙文書だとどんどん増える書類の山を整理しても、その書類をどこに保管したのか忘れてしまうことがありますが、ドキュワークスなら、紙文書をスキャニングして、電子文書として管理することが出来ます。電子文書は、検索機能で検索することが出来き効率よく必要な書類を探し出せます。また、電子文書とした後、電子文書の向きを回転したり、傾きを直したりできます。
ドキュワークスの特徴として、ドキュワークス文書内のOCR & 検索がある。紙文書をスキャニングで作成したドキュワークス文書は、内蔵のドキュワークスのOCR機能により、文字情報を添加することが可能である。ページ全体はもちろん指定した範囲のみのOCR処理も出来るのである。そして、OCR処理したドキュワークス文書から文字情報をコピーし、ほかのアプリケーションで利用することも出来ます。また、スキャナーからの取り込み時に自動的にOCR機能を起動させたり、そのOCR結果をインフォビューに表示して、もとのドキュワークス文書を参照しながらOCR処理結果の修正を行なうことも簡単に出来ます。
ドキュワークスの機能で、ドキュワークス文書以外のファイルがアイコン表示が出来る。マイクロソフトの「ワード」「エクセル」「パワーポイント」がドキュワークス以外のファイルやフォルダーを、ドキュワークス上にアイコン表示することが出来るのである。また、ドキュワークス文書化されていないファイルやフォルダーをドキュワークスで管理出来るのである。そして、PDFをはじめTIFFやJPEGといったイメージデータもドキュワークス上で表示可能。簡単に内容確認出来る上に、ドキュワークスでの一覧性あるのである。
ドキュワークスでは、セキュリティ機能が沢山あり用途に合ったセキュリティ機能があります。「ドキュワークス電子印鑑」、「電子証明書」によるドキュワークスファイルへの電子署名が可能である。日付や名前を確認するのみで、署名が本人のものであるか、ドキュワークス電子印鑑を押した後に編集等がないか確認することが可能です。そのセキュリティ管理により報告書・稟議書の承認を電子文書で行える。署名する前後のドキュワークス文書の変更が記録されるので、ドキュワークス文書の改ざんなどの不正を回避出来ます。
ドキュワークスを使うと言うことは、文書管理ソフトを使っていると言っても過言ではないでしょう。ドキュワークスは、PCで管理するものですから全てデータ = 電子文書なのです。そして、電子文書・・・難しいそうですが、ようはパソコンに入った写真だと思ってもらえればいいと思います。紙文書をデジカメで撮って、PCで管理する感じでドキュワークスは使えるのです。ですので、ドキュワークスを使うことは文書管理すると言ってもいいと思います。
ドキュワークスを購入する時、どこで購入すればいいのでしょうか。富士ゼロックスで作成しているソフトであるのは分かる。でも、実際 富士ゼロックスのお店ってないですよね。でも、考えて下さい「ソニー」「東芝」「日立」「マイクロソフト」のお店って言うのもないですよね。そうです、『量販店』にドキュワークスは売っているのです。量販店は現物を見ることが出来ますが、購入することさえ出来れば「ヤフーのオークション」「ネット通販」等々購入する場所は沢山あります。一度、量販店に言って、ドキュワークスがどの様なものなのか見てくるのもいいかもしれませんね。 RSS関連リンク ドキュワークス 使用例 ドキュワークス(DocuWorks)とは、発売されてからの累計出荷数が200万ライセンスを越える文書管理ソフトである。ドキュワークスは、文書管理ソフトとしての地位を確立してきている。 またAdobe Acrobatに比べ紙を扱う感覚で操作できる点や、作成したデータのファイル容量が軽いのが特徴である。紙文書は、コメントを入れて、マーカーを引いて、付箋を貼るなど 直接書き込めることがいいところです。電子文書にはそれが出来ないの