2007/12/03

トイレトレーニング 方法

トイレトレーニングとは小さな子供が自分の意思で排泄を行うことを親に知らせることや自分でコントロールできることです。子供自身が自分でトイレに行きたいと意思表示して排泄を行えることです。これができるようになると成長したといえます。トイレトレーニングについてまとめています。ここではトイレトレーニングについて注意すべきポイントを知っておきましょう。最初はどんな子供でもうまく排泄できないものです。しかし親はうまくできないと怒ったりしがちです。できないのが当然というふうに理解しながら根気強く子供に教えていきましょう。子供のやる気を削がないようにしましょう。次にトイレトレーニングのやり方を覚えましょう。トレーニングの基本はすぐに全部を理解させることではなく順序よく教えていくことが大切です。最初はおまるやトイレの便座に座ることに慣れることです。何度か続けることで次第に慣れていきます。こうすることでトイレは用を足す場所なんだと理解するようになります。まとめとしてトイレトレーニングで大事なことの1つに大人扱いをしてあげることがあります。これはおむつから子供が卒業する意味でほめてあげるということです。トイレに行きたいとしっかりと意思表示ができたらほめてあげるのが効果があるのです。子供のやる気を削がないように気をつけていきたいものです。 RSS関連リンク トイレトレーニング ついでにトイレトレーニング方法について覚えておきましょう。子供の普段の用を足す時間を覚えておきタイミングをみながら声を掛けてトイレに行く習慣をつけます。目安は用を足す時間が2時間間隔になったらトイレに行きましょう。 ... トイレトレーニング そしてトイレトレーニング方法ですがどう教えていけばいいのでしょうか。いろいろありますが大事なポイントは子供に対して声を掛けることです。子供が用を足す時間を覚えておきその時間が来る少し前に子供に声を掛けてトイレに行く習慣をつけるように ... トイレトレーニングの心構え 実際にトイレトレーニングをする方法ですがどういうやり方で進めたらいいのでしょう。大事なことはタイミングと忍耐です。これは子供の排泄の時間を把握しておいて排泄の時間に近づいてきたらトイレに行くことを教えていきます。そのための工夫として絵本 ...