2008/01/27

文書管理ソフト

ドキュワークス(DocuWorks)とは、Microsoft社の「Word」「Excel」「PowerPoint」などのアプリケーションの種類を超えて一元管理でき、またPDFをはじめさまざまなフォーマットに対応しており、ドキュワークス文書からPDF・JPEGの作成も可能である。

スキャニングして電子化しても、イメージデータのままではテキストデータを活用できません。ドキュワークスなら、スキャニングしたイメージデータをOCR処理し、文字データを読み取りテキストデータとして利用できます。
ドキュワークスの特徴として、ドキュワークス文書内のOCR & 検索がある。紙文書をスキャニングで作成したドキュワークス文書は、内蔵のドキュワークスのOCR機能により、文字情報を添加することが可能である。ページ全体はもちろん指定した範囲のみのOCR処理も出来るのである。そして、OCR処理したドキュワークス文書から文字情報をコピーし、ほかのアプリケーションで利用することも出来ます。また、スキャナーからの取り込み時に自動的にOCR機能を起動させたり、そのOCR結果をインフォビューに表示して、もとのドキュワークス文書を参照しながらOCR処理結果の修正を行なうことも簡単に出来ます。
ドキュワークスの機能は、検索機能が充実している。文書名・日付での検索に加え、ドキュワークス文書内の文字列でも検索が可能である。アプリケーションデータを変換して作成したドキュワークス文書だけでなく、スキャニングしたドキュワークス文書もOCR処理によってテキストデータに出来ることにより、ドキュワークス文書内の文字列が検索対象になる。さらに、ドキュワークス文書だけでなくドキュワークス上のPDFファイルも全文検索できますので、ドキュワークス上でドキュワークス文書とPDF文書の一括検索が可能になりました。
ドキュワークスでは、用途に合わせたセキュリティを行える機能が豊富にあります。電子証明書/電子印鑑による電子署名をすることにより、本人が承認した事実を確保される。そのことで、ネットワーク上でのドキュワークス文書(電子文書)のやり取りが可能となります。電子署名は、署名本人の証明情報を入手し、署名を確認して署名が正しいことや、署名後にドキュワークス文書に改ざんがないか確認することが可能です。そして、複数の署名の場合、承認した順を分かるだけでなく、各人が署名した前後のドキュワークス文書を復元出来るので、承認者がどのような内容のドキュワークス文書に署名したかを確認することが可能なのである。
ドキュワークスは、文書管理ソフトです。文書管理する上で、電子文書にするという考えがありますが、その電子文書にした管理でドキュワークスと言うのは、すばらしい機能が多数紹介してきたと思います。これからは、紙文書の時代ではなく電子文書の時代になってくるのです。ネットワークで管理され、スムーズな決裁等々迅速化こそが、インターネット時代の最たる機能なのです。
ドキュワークスの購入価格・購入場所を気にしている人が沢山います。「富士ゼロックスのドキュワークス」と言うのは分かります。富士ゼロックスのドキュワークスであるから「富士ゼロックス」に行けば購入できるかと言うと、購入できないでしょう。富士ゼロックス本社にお店はないでしょうからね。ドキュワークスは量販店に、売っています。そして、ポイントも付きますので 富士ゼロックスのホームページに記載されている15,200円よりは安く購入することが出来ると思います。


それでは、ドキュワークスViewer Light 6.2.2 をダウンロードしてみよう。
ダウンロード先は、富士ゼロックスのドキュワークスのHPに行き、ドキュワークスViewer Light 6.2.2をダウンロードして下さい。ドキュワークスViewer Light 6.2.2を、インストールするとドキュワークス文書を閲覧することが出来ます。ドキュワークス文書を見ると、ドキュワークスがどのようなものなのかの参考にはなると思います。 RSS関連リンク ドキュワークス 使用例 ドキュワークス(DocuWorks)とは、発売されてからの累計出荷数が200万ライセンスを越える文書管理ソフトである。ドキュワークスは、文書管理ソフトとしての地位を確立してきている。 またAdobe Acrobatに比べ紙を扱う感覚で操作できる点や、作成したデータのファイル容量が軽いのが特徴である。紙文書は、コメントを入れて、マーカーを引いて、付箋を貼るなど 直接書き込めることがいいところです。電子文書にはそれが出来ないの