2007/12/16

長期固定金利

新型の住宅ローンとして最近注目されているフラット35。銀行などの民間金融機関が融資をした住宅ローンを住宅金融支援機構が買い取ることで長期の固定金利を実現しました。これによって将来的な返済額が確定するため、返済プランや将来のプランを立てやすいことからも人気が集まっています。フラット35は各金融機関、つまり銀行、信用金庫といったところで申込みを行います。また金利は各金融機関ごとに違い、申込みのときにも変動しています。ちなみに金利が確定するのは申込みをした時点ではなく、融資の受け取り時点の金利が固定金利の率となります。フラット35は申込みの際の費用はどの程度必要なのでしょうか?まず通常住宅ローンを申し込み時に必要な融資保証料が無料になっています。融資手数料は各金融機関ごとに金額が設定されており、これは必要となります。またフラット35では住宅がある一定の基準に達しているかの審査を行う適合証明手数料というものが必要となります。フラット35を利用する上で注意したいのが今後の金利の変動です。フラット35自体は一度申し込めば固定金利ですが、その後変動金利がどんどん下がるということも考えられなくはないのです。実際には借り換えなどで対応することも可能ですが、一度借り換えを行うとフラット35に戻すことはできませんので慎重に検討してください。 RSS関連リンク フラット35比較とは一体 の場合は長期固定金利の商品しか扱っていませんが、銀行は多くのパターンを用意していると言うことでしょう。手数料や保証料がかからないとの面から見ると、フラット35が有利なようですが、全額融資できるのは銀行だけです。フラット35が長期固定型のみ 「みずほ銀行」ロト 常盤貴子[ナンバーズ 、ちょっと同感かなーと。ギリでみんなのJr.時代っていっても最近だけど知ってるし。その岡本担のリアルタイムメモ見て「百識(課外授業)」って書い(長期固定金利住宅ローン) 国民生活金融公庫.日本銀行.みずほ銀行.みずほ銀行住宅嵐 AYAMI F1 IPA LEC TAC TOTO みずほ銀行住宅ローンに付いて調査し 、みずほ住宅ローン(超長期固定金利型)、長期固定金利住宅ローン「フラット35」(機構買取型)などがあります。いずれも借りられる資格は満20歳以上71歳未満で、返済終了時に80未満の人なります。金利も変動金利、上限金利、固定金利があり、いずれか