2007/12/16

住宅ローン フラット35 金利

新型の住宅ローンとして最近注目されているフラット35。銀行などの民間金融機関が融資をした住宅ローンを住宅金融支援機構が買い取ることで長期の固定金利を実現しました。これによって将来的な返済額が確定するため、返済プランや将来のプランを立てやすいことからも人気が集まっています。フラット35は他の住宅ローンと併用して利用することも可能です。金融機関によってはフラット35と組み合わせて建築費用を借り入れることができる商品などが提供されています。また組み合わせることで金利が安くなるといったものもありますので、検討材料のひとつとしてください。フラット35の融資条件として最低年収などの下限設定はありません。つまり年収が低くてもローンを融資を受けやすいということです。ただし申込みをする人の月収が返済額の4倍以上になるように融資額を設定しなければならないので、融資を受けられる金額には上限があるということです。フラット35は新規の物件購入者対象の住宅ローンです。つまりすでに住宅ローンを借りている場合の借り換えとしては利用できないということになります。しかし中古物件やリフォーム物件といったものにも新規であれば対応できますので、利用者への枠は広がっています。 RSS関連リンク フラット35(flat35)比較研究倶楽部 た民間金融機関(みずほ銀行・りそな銀行・横浜信用金庫等でも取扱)の長期固定金利型住宅ローン商品。フラット35の金利・金利推移・審査・つなぎ融資・団信(団体信用生命保険)等について、比較・研究を行っています。優良住宅取得支援制度(フラット35S/flat35s) フラット35金利比較解説講座 住宅ローンのフラット35について解説。フラット35の比較やフラット35メリットについて紹介します。住宅ローン申込前には必須の知識です フラット35比較-フラット35で賢く住宅 フラット35を上手に活用して、住宅ローンをお徳に組みましょう!