2008/01/11

ムコ多糖症の患者

ムコ多糖症という小児難病があります。一般的な健康体の人は、体内で作られたいろいろな物質を酵素の力で分解して排出する代謝と呼ばれる作業がスムーズに行われますが、ムコ多糖症患者の方は、生まれながらに体内で酵素自体を作ることができなかったり、できたとしても少ない場合があり、いずれのケースも障害が起きてしまいます。ムコ多糖症は統計の数値から見ると、約5万人の新生児がいたと仮定した場合、1人がムコ多糖症にかかると推測されています。何らかの異常が遺伝子に起きて体内の代謝物質である「ムコ多糖」を分解して排出する酵素が存在しないので、ムコ多糖が体内にたまっていきます。このように日々進行して行くのがムコ多糖症という病気です。ムコ多糖症に対する治療方法としては、ほんの数年前までは骨髄移植という方法だけがありました。この骨髄移植という手術は、副作用があり拒絶反応などを引き起こして治療経過中に不幸にも亡くなられてしまう患者さんもいました。しかし最近では欧米先進国などの医療研究において新しい安全な治療方法が確立されてきているようです。私たちのような一般的な人間はもとより、お医者さんでもなかなか出会うことがないと言われているムコ多糖症です。昔は治療法が少なく、原因も深いところまで究明されていたとは言えず、今でも難病と言われています。現在では、日本の大学やアメリカの大学で「新生児スクリーニング」という様々な小児難病を早期発見するための検査技術が急ピッチで開発されていますので、難病に苦しむ方に早く明るい兆しが見えてくるといいですね。 RSS関連リンク 溶けたまんまでイッちゃって。選曲湘南乃風 湘南乃風頑張って!まず、湘南乃風をバッシングする奴はさっさと消えろ!ムコ多糖症の患者を支援する彼らを否定するのは人権侵害につながる。俺はあんな心の優しい男たちが日本にいることを誇りに思う。アンチ湘南乃風の奴は、今すぐムコ多糖症 善意jのばとん *:..。o○☆゜・:,。*:..。o○☆ ムコ多糖症 この病気は人間の中でも小さい子達に見られる病気です。しかし、この《ムコ多糖症》と言う病気はあまり世間で知られていない(日本では300人位発病)つまり社会