2007/11/15

固定金利 住宅ローン

フラット35の特徴は最長35年間金利が変わらない長期ローンが組めるということです。金利は各金融機関や申込み時点で変動していますが、融資を受けた時点から返済終了までは金利の変動はありませんので、ローン申込み時に返済金額が確定することも安心のひとつです。フラット35は融資金額の上限が高くなっているのも特徴のひとつです。これまで住宅金融公庫では年収800万円以上の人は購入金額の50%までといった上限が決められていましたが、フラット35は一律で8000万円または金額の90%までと借入金額が高くなっているのです。フラット35は申込みの際の費用はどの程度必要なのでしょうか?まず通常住宅ローンを申し込み時に必要な融資保証料が無料になっています。融資手数料は各金融機関ごとに金額が設定されており、これは必要となります。またフラット35では住宅がある一定の基準に達しているかの審査を行う適合証明手数料というものが必要となります。住宅ローンとしてフラット35を検討している人は、ネットから簡易で自分が融資を受けることができるか調べることも可能です。まだ他の住宅ローンと迷っていて、どの程度のものなのか知りたい、将来的に考えているのですぐに店舗まで足を運びたくないという人には便利なサービスです。 RSS関連リンク フラット35と住宅ローン 「フラット35と住宅ローン」では、フラット35という住宅ローンについての情報を紹介していきます。 フラット35 フラット35で住宅ローンを組むと、返済金額が金利によって変わることはありません フラット35の利点は金利固定だけではありません フラット35というのは民間金融機関そして住宅金融支援機構が提携して提供しているプランです 北海道のフラット35金利徹底調査隊 北海道における、住宅ローン フラット35の金利を徹底調査します。