2007/11/15

フラット35 住宅ローン

新型の住宅ローンとして最近注目されているフラット35。銀行などの民間金融機関が融資をした住宅ローンを住宅金融支援機構が買い取ることで長期の固定金利を実現しました。これによって将来的な返済額が確定するため、返済プランや将来のプランを立てやすいことからも人気が集まっています。フラット35は他の住宅ローンと併用して利用することも可能です。金融機関によってはフラット35と組み合わせて建築費用を借り入れることができる商品などが提供されています。また組み合わせることで金利が安くなるといったものもありますので、検討材料のひとつとしてください。フラット35は申込みの際の費用はどの程度必要なのでしょうか?まず通常住宅ローンを申し込み時に必要な融資保証料が無料になっています。融資手数料は各金融機関ごとに金額が設定されており、これは必要となります。またフラット35では住宅がある一定の基準に達しているかの審査を行う適合証明手数料というものが必要となります。フラット35は繰り上げ返済時の手数料がかからないということも注目されるひとつですが、返済できる額が100万円からと多少金額が高くなっています。しかしその他の住宅ローンは小額の繰上げ返済が可能でもその都度手数料がかかることを考えれば妥当なものかもしれません。 RSS関連リンク フラット35・庶民の味方フラット35 フラット35を利用したいと考えている人は、いくつかの金融機関を比較検討するようにしてください。フラット35の融資条件として最低年収などの下限設定はありません。つまり年収が低くてもローンを融資を受けやすいということです。ただしフラット35は新規の物件購入者対象の住宅 兵庫のフラット35金利徹底調査隊 長期固定の住宅ローン「フラット35」の兵庫県の金利を徹底調査します。また住宅ローンやフラット35に関連する情報も掲載。 フラット35を探せ! フラット35の情報を集めています。