2007/11/15

フラット35 金利

新型の住宅ローンとして最近注目されているフラット35。銀行などの民間金融機関が融資をした住宅ローンを住宅金融支援機構が買い取ることで長期の固定金利を実現しました。これによって将来的な返済額が確定するため、返済プランや将来のプランを立てやすいことからも人気が集まっています。フラット35は各金融機関、つまり銀行、信用金庫といったところで申込みを行います。また金利は各金融機関ごとに違い、申込みのときにも変動しています。ちなみに金利が確定するのは申込みをした時点ではなく、融資の受け取り時点の金利が固定金利の率となります。フラット35の融資条件として最低年収などの下限設定はありません。つまり年収が低くてもローンを融資を受けやすいということです。ただし申込みをする人の月収が返済額の4倍以上になるように融資額を設定しなければならないので、融資を受けられる金額には上限があるということです。フラット35を利用する上で注意したいのが今後の金利の変動です。フラット35自体は一度申し込めば固定金利ですが、その後変動金利がどんどん下がるということも考えられなくはないのです。実際には借り換えなどで対応することも可能ですが、一度借り換えを行うとフラット35に戻すことはできませんので慎重に検討してください。 RSS関連リンク フラット35比較 フラット35は本当に返済者にとって有利なプランなのでしょうか。 フラット35比較は住宅ローン金利動向がポイント フラット35比較やフラット35金利動向と住宅ローンリスクについて フラット35比較のブログです。 フラット35は本当に返済者にとって有利なプランなのでしょうか。