2007/11/14

住宅ローン繰上げ返済シュミレーション

住宅ローンの繰り上げ返済は、ある程度、貯金することができたり、まとまったお金が手に入ったりしたならするとよいでしょう。繰上げ返済を行なうことで、毎月の返済額や総支払額を下げたり、返済期間を短くすることが出来るのです。複数の金利の住宅ローンを組んでいる場合には、金利の高い住宅ローンから または 返済期間の長い住宅ローンから繰り上げ返済を行なっていきます。住宅ローンの返済額は、元金と利子の合計です。繰上げ返済は、元金を早めに返済するため、利子を減らすことが出来るのです。繰上げ返済と貯蓄に励むのでは、どちらが得策でしょうか?シュミレートしてみましょう。金利面を比較してみると、普通の貯蓄商品と住宅ローンとの間では、住宅ローンの方が断然金利が高くなっています。ご自分が資産運用を行なって高い利回りを得ている場合を除いて、繰上げ返済をした方が得策です。繰上げ返済の申し込みは、金融機関で毎回の返済額の減額か?期間の短縮か?のどちらかを選べるようになっています。自分の予定を考えて選択しましょう。この繰上げ返済には、手数料と一回の繰上げ返済最低額が設定されている場合が多いです。事前に金融機関に問い合わせが必要です。 RSS関連リンク 住宅ローンの審査基準って??お薦め 住宅ローンの審査基準は、企業と個人情報に緊密に関係するため、ご自身の将来に関係するであろう住宅ローンの審査基準は、一般的には不明瞭である事は確かです。住宅ローンを借り入れる際に、消費者の返済能力を確認するため、金融機関の住宅ローンの審査基準は 住宅ローン論|住宅ローン マンション 金利 繰上返済 住宅ローン論|住宅ローン,マンション,金利, 繰上返済,元利均等,元金均等,返済負担率,フラット35,フラット20,住宅公庫基準金利,年間返済額のよくわかるサイト 住宅ローンの返済がわかる住宅ローン返済 住宅ローン、住まいを購入するとき、意外と大切なのが住宅ローン選び。ローンの選び方次第で、返済額や諸費用が大きく違うのはもちろん、将来のライフプランに影響を与えることもあります。自分の一生の財産となる住宅です。住宅ローンの利用も計画的