2007/11/14

住宅ローン 繰上げ返済 計算

住宅ローンの繰り上げ返済は、ある程度、貯金することができたり、まとまったお金が手に入ったりしたならするとよいでしょう。繰上げ返済を行なうことで、毎月の返済額や総支払額を下げたり、返済期間を短くすることが出来るのです。繰上げ返済のポイントは、複数の金利の住宅ローンを組んでいる場合、金利の高い住宅ローン または 返済期間の長い住宅ローンを先に繰り上げ返済を行なっていきます。住宅ローンの返済額は、元金と利子の合計ですので、繰上げ返済をすることで、元金を早めに返済することができ、全体に利子を減らすことができるのです。繰上げ返済と貯蓄に励むのとでは、どちらが得でしょうか?金利からみると、一般の貯蓄商品と住宅ローンでは、住宅ローンの方が金利が高くなっています。高い利率で資産運用できている場合を除いて、繰上げ返済を優先した方が得です。繰上げ返済の申し込みのときの注意点としては、毎回の返済額の減額をするか?期間の短縮をするか?のどちらかを決めておくことです。貯蓄を使うわけですので今後の予定を考えて決めましょう。その他、繰上げ返済をするには手数料がかかること、一回の繰上げ返済最低額が決められていることがあります。繰り上げ返済を実施する前に金融機関に相談しておくことをオススメしておきます。 RSS関連リンク 住宅ローン借り換えと住宅ローン繰上げ返済術 住宅ローン返済について紹介住宅ローン借り換えと住宅ローン繰上げ返済の目安や注意点を説明住宅ローン借り換えは住宅ローン金利動向などを参考に賢く行いましょう NPO法人 多摩FP(特定非営利活動法人 ライフプラン・リタイアメントプラン、株・外貨など資産運用、社会保険・生保・損保などリスクマネジメント、相続・事業承継設計、税金、年金、マイホーム&住宅ローン・不動産投資など、東京都多摩地区を中心に暮らしと経済に関するセミナー&個別相談会を実施しています! ローン、特に住宅ローンアドバイザーに関するレポート 住宅ローンアドバイザーとは、住宅購入予定者・借り換えなど購入後の方々向けに、さまざまな住宅ローンについて適切な情報を提供するアドバイザーです。