2007/11/14

住宅ローン

住宅ローンを安くするには、ある程度、貯金が貯まったり、まとまったお金が入ったりしたときに、住宅ローンの繰上げ返済を行うと良いでしょう。ある程度まとまったお金を先に返済する繰上げ返済は、毎月の返済額や総支払額を下げたり、返済期間を短くすることができるからです。繰上げ返済を実施するにもポイントがあります。金利の違う住宅ローンを利用している場合には、まず金利の高い住宅ローンから、返済期間の長い住宅ローンから繰り上げ返済を行なっていくことです。住宅ローンの返済額は、元金と利子の合計額で決まってきます。繰上げ返済は、元金を早めに返済することです。そうすることによって、利子を減らすことになります。繰上げ返済と貯蓄に励むのとでは、どちらが得でしょうか?金利からみると、一般の貯蓄商品と住宅ローンでは、住宅ローンの方が金利が高くなっています。高い利率で資産運用できている場合を除いて、繰上げ返済を優先した方が得です。繰上げ返済の申し込みは、金融機関で毎回の返済額の減額か?期間の短縮か?のどちらかを選べるようになっています。自分の予定を考えて選択しましょう。この繰上げ返済には、手数料と一回の繰上げ返済最低額が設定されている場合が多いです。事前に金融機関に問い合わせが必要です。 RSS関連リンク ローン注意報!住宅ローン破綻や住宅ローン 住宅ローンを借りる前に知っておくべき住宅ローン破綻者にならないための15の掟を紹介します! びんぼーかあさんのんきだね 突然会社が倒産!!まるまる残ってる住宅ローン、3人の子供の行く末は?! 住宅ローン 金利 比較 金利の差があなたの 金利という2つの金利返済があります。どちらがお得かどちらが自分の支払い方法が生活にマッチするのか悩みますよね。住宅ローンアドバイザーなどのご説明などまじえながらあなたの住宅ローンのお悩みをすこしでも解決できればと思います。それと一戸建住宅とマンションどちらが