2007/11/14

住宅ローン

住宅ローンを安くするには、ある程度、貯金が貯まったり、まとまったお金が入ったりしたときに、住宅ローンの繰上げ返済を行うと良いでしょう。ある程度まとまったお金を先に返済する繰上げ返済は、毎月の返済額や総支払額を下げたり、返済期間を短くすることができるからです。繰上げ返済を実施するにもポイントがあります。金利の違う住宅ローンを利用している場合には、まず金利の高い住宅ローンから、返済期間の長い住宅ローンから繰り上げ返済を行なっていくことです。住宅ローンの返済額は、元金と利子の合計額で決まってきます。繰上げ返済は、元金を早めに返済することです。そうすることによって、利子を減らすことになります。繰上げ返済と貯蓄に励むのとでは、どちらが得でしょうか?金利からみると、一般の貯蓄商品と住宅ローンでは、住宅ローンの方が金利が高くなっています。高い利率で資産運用できている場合を除いて、繰上げ返済を優先した方が得です。繰上げ返済の申し込みのときには、金融機関で毎回の返済額の減額をするか、期間の短縮をするか、のどちらかを選ぶことになります。今後のお金の要り具合を考えて選択しましょう。その他に、繰上げ返済をするには手数料と一回の繰上げ返済最低額があります。実施する前に金融機関に確認しておきましょう。 RSS関連リンク 住宅ローン金利動向と住宅ローン比較 住宅ローン金利や住宅ローン基礎地知識を紹介住宅ローン金利や住宅ローン比較情報、住宅ローン借換えについても解説。住宅ローンを組む前に知っておきたいローン情報を解説 住宅ローン図鑑 失敗しないための住宅ローン 長い年数借りる住宅ローンで失敗はしたくないものです。借り方一つや借り換えで住宅ローンの返済額が大きく異なる時があります。初めての方でも分かるように住宅ローンについて、解説します。 住宅◆住宅ローンナビ 住宅ローンとは、住宅を購入するために貯金ではたりない金額を借りる金融商品です。当サイトでは住宅ローンに関する情報をまとめております。ご参考になれば幸いです。