2007/11/11

住宅ローン

フラット35は、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提携することで実現した、長期固定金利の新型の住宅ローンです。これまでの変動金利の住宅ローンと違い、融資を受けた時点で最終的な返済額が確定するのが特徴で、繰上げ返済をする際の手数料も一切かからないと点も人気のひとつです。フラット35は融資金額の上限が高くなっているのも特徴のひとつです。これまで住宅金融公庫では年収800万円以上の人は購入金額の50%までといった上限が決められていましたが、フラット35は一律で8000万円または金額の90%までと借入金額が高くなっているのです。フラット35を利用したいと考えている人は、いくつかの金融機関を比較検討するようにしてください。金融機関によってはフラット35より自行の金融ローンを利用してもらった方が利益が高いため積極的に勧めてこない場合があります。もちろん実際にどちらにメリットがあるかを判断するのは利用者自身です。フラット35は繰り上げ返済時の手数料がかからないということも注目されるひとつですが、返済できる額が100万円からと多少金額が高くなっています。しかしその他の住宅ローンは小額の繰上げ返済が可能でもその都度手数料がかかることを考えれば妥当なものかもしれません。 RSS関連リンク フラット35比較 フラット35は本当に返済者にとって有利なプランなのでしょうか。 フラット35比較は住宅ローン金利動向がポイント フラット35比較やフラット35金利動向と住宅ローンリスクについて フラット35比較のブログです。 フラット35は本当に返済者にとって有利なプランなのでしょうか。