2007/11/11

長期固定金利

みなさんはフラット35という住宅ローンの名称をご存知でしょうか?2003年から始まった新しい住宅ローンのシステムで、返済開始から終了までの期間に金利が変動しないというものです。また繰上げ返済の際の手数料もかからないことから、将来プランを立てやすいと注目が集まっています。フラット35は融資金額の上限が高くなっているのも特徴のひとつです。これまで住宅金融公庫では年収800万円以上の人は購入金額の50%までといった上限が決められていましたが、フラット35は一律で8000万円または金額の90%までと借入金額が高くなっているのです。フラット35を利用したいと考えている人は、いくつかの金融機関を比較検討するようにしてください。金融機関によってはフラット35より自行の金融ローンを利用してもらった方が利益が高いため積極的に勧めてこない場合があります。もちろん実際にどちらにメリットがあるかを判断するのは利用者自身です。フラット35を利用する時点で注意したいのが申込みから承認までの時間です。通常2週間~1ヶ月と承認までに時間がかかることから、時間的に余裕を持って申込みを行わないと物件引渡し時に間に合わないということも起こりかねませんので、申込みの際には注意が必要です。 RSS関連リンク 金利 繰上返済 元金均等 返済負担率 フラット35 住宅ローン論|住宅ローン,マンション,金利, 繰上返済,元利均等,元金均等,返済負担率,フラット35,フラット20,住宅公庫基準金利,年間返済額のよくわかるサイト フラット35の比較 フラット35の比較。フラット35以外にも住宅ローンはたくさんあります。本当に自分に向いた住宅ローンのプランなのかをよく比較検討したうえで、よりよいローンを組みたいものですね。 フラット35S金利|比較住宅ローン フラット35S金利の比較。住宅ローン、りそな、みずほ銀行、金利推移、保障型から借り換えまで。