2007/11/11

長期固定金利

新型の住宅ローンとして最近注目されているフラット35。銀行などの民間金融機関が融資をした住宅ローンを住宅金融支援機構が買い取ることで長期の固定金利を実現しました。これによって将来的な返済額が確定するため、返済プランや将来のプランを立てやすいことからも人気が集まっています。フラット35は各金融機関、つまり銀行、信用金庫といったところで申込みを行います。また金利は各金融機関ごとに違い、申込みのときにも変動しています。ちなみに金利が確定するのは申込みをした時点ではなく、融資の受け取り時点の金利が固定金利の率となります。フラット35を利用したいと考えている人は、いくつかの金融機関を比較検討するようにしてください。金融機関によってはフラット35より自行の金融ローンを利用してもらった方が利益が高いため積極的に勧めてこない場合があります。もちろん実際にどちらにメリットがあるかを判断するのは利用者自身です。住宅ローンとしてフラット35を検討している人は、ネットから簡易で自分が融資を受けることができるか調べることも可能です。まだ他の住宅ローンと迷っていて、どの程度のものなのか知りたい、将来的に考えているのですぐに店舗まで足を運びたくないという人には便利なサービスです。 RSS関連リンク サルでも分かるフラット35金利のこと 猿でも判るようにフラット35金利について書いています。 フラット35比較決定ガイド フラット35比較。SBIモーゲージ、楽天モーゲージのフラット35住宅ローン申込とフラット35比較 フラット35の最低金利はどこだ? 長期固定の住宅ローン【フラット35】の最低金利を比較調査します。