2007/11/10

プラチナカードvisa

クラシック、ゴールド、プラチナ、ブラック。クレジットカードのグレードはこの4つに分けられることが多いですが、これはアメリカン・エキスプレスが行っている分類に準じています。一般人のアコガレはゴールドカードですが、さらに上にはプラチナカード、ブラックカードが存在しているのです。プラチナカードに申し込みをしようとカード会社に足を運ぶと、人によっては赤っ恥をかくことになります。「プラチナカードはこちらからお誘いするものでございます」と、一刀両断される場合があるのです。プラチナカードを手にするには、インビテーションカードを待つのが基本です。カードを3枚4枚と持っていると、カード会社からあやしまれます。使うだけ使って踏み倒す気では…?と。そうなってしまっては、プラチナカードは夢のまた夢。当然、現在使っているカードの支払いが滞るなんてことはあってはなりません。あらゆる場面でカードを使い、全て迅速に支払うのがプラチナカードへの近道です。ゴールドカードをあらゆる場面で使っていれば、早い人なら3ヶ月、そうでなくても2年もすればプラチナカードのインビテーションが届くはずです。カードを使うのが不安だ、という人はそもそもプラチナカードを持つ意味はないでしょうし、ゴールドカードだって年会費を考えたら使わないでおくのは損ですよ。 RSS関連リンク visaプラチナカード ブラックカードの登場でプラチナカードは以前ほどステイタスのあるものではなくなりました。 アメックス・プラチナカード アメックス、アメリカンエクスプレスのプラチナカードの取得方法とは!? プラチナカード・そのステイタスはプラチナカードだけ プラチナカードは、いわばお得意様の証。カード会社にしてみれば優遇する価値があるというわけです。ゴールドカードをあらゆる場面で使っていれば、早い人なら3ヶ月、そうでなくても2年もすればプラチナカードのインビテーションが届くはずです。今の時代、ステイタスを誇示するに