2007/11/10

プラチナカード比較

利用限度額500万円。空港のラウンジ無料、ポーターサービス、座席のアップグレードに、有名テーマパークの優待サービス…。ああ、憧れのプラチナカード!プラチナカードはどうすれば手にできるのでしょうか?プラチナカードを手に入れるには、カード会社にのこのこ出かけて行ってもダメなんです。クラシックカードしか持たない庶民には、ゴールドカードやプラチナカードで何ができるのか?という疑問がありますよね。これはまず、単純に利用限度額が大幅に引き上げられます。カード会社によってばらつきはありますが、おおむね100万円~500万円ほどとなっています。サービスの幅が広く、年会費分くらいはすぐに元が取れると評判の三井住友VISAプラチナカード。付帯サービスを好みで選べるメンバーズ・セレクションは誰にでも嬉しいシステムです。また、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでVIP待遇を受けられるのもポイント。USJファンなら垂涎のカードです。ゴールドカードをあらゆる場面で使っていれば、早い人なら3ヶ月、そうでなくても2年もすればプラチナカードのインビテーションが届くはずです。カードを使うのが不安だ、という人はそもそもプラチナカードを持つ意味はないでしょうし、ゴールドカードだって年会費を考えたら使わないでおくのは損ですよ。 RSS関連リンク visaプラチナカード・visaプラチナカードの威力 visaプラチナカードを手にするにはゴールドカードを入手する必要があります。以前ほど条件は厳しくはありませんが、やはり全ての人がゴールドカードを手にできるわけではありません。ゴールドカードのステイタスが下がってしまった今、代わりに台頭してきたのがプラチナカード プラチナカードはいかがですか プラチナカードやブラックカードなど、プレミアムカードの取得を応援します。 ゴールドカード プラチナカード エキスプレス カード ゴールドカードやプラチナカードは、いわばお得意様の証。カード会社にしてみれば優遇する価値があるというわけです エキスプレスカードといえば、アメリカン・エキスプレスカードのことを指す場合が多いです アメリカン・エキスプレス・カードは、典型的なT&E(トラベル&エンターテイメント)カードに属しています