2010/07/27

koos というブランド

koosというブランドをご存知ですか?koosはオランダでデザイン、企画されている、バッグ、ブーツなどのブランドです。

ブランド名のKoosとはオランダ語で『選択する』という意味から由来していて、デザイン、素材など、様々な要素を厳選して、時代に流されない個性的な商品を発表して人気を博しています。
特に若い世代を中心として注目を集めるブランドなので、ファッション雑誌や店頭、通販などで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

ブーツは、冬の女性のファッションではなくてはならないアイテムです。秋冬になるとロングブーツはもちろん、ショートブーツはスニーカー感覚で日常的に愛用する人が多いですね。

だからこそ足に優しく、またデザイン性の高いkoosブーツが愛されているのです。koosブーツの履き心地は、他のブーツに目がいかなくなるほど快適なものです。
ソフトレザーでできた、koosブーツは、ヒールが低く作られていて長時間はいても疲れが少ないのがうれしいですね。

koosのブーツにはどういうものがあるのでしょう。
たとえばストラップがかわいいKOOSのJOYシリーズはハンドメイドのぬくもりと履けば履くほど味が出る素材感が魅力のブーツです。メルヘンな独特の存在感あるデザインで、天然素材の風合いにハンドステッチがかわいいナチュラルテイストたっぷりのブーツとして人気があります。

職人がこだわる自然の風合いを大切にした素材感と、1足1足それぞれ異なる、オリジナリティーあふれるハンドメイドならではの雰囲気を楽しめます。
ブーツを履いたことがない人でも、あまりのかわいさと、皮の柔らかい感じで手を伸ばしたくなります。しかしkoosブーツは大変人気があり、新作が出るとすぐ完売するほどで、とくにブーツファッションに目がいく秋から冬には、ますますKoosのブーツは入荷待ちが続き、いつかえるかも分からないぐらい人気があります。Koosは迅速に手に入れるには通販の利用をオススメします。
Koosのブーツが売り切れになってしまう前に、販売している通販ショップをこまめにチェックしておきたいですね。

2010/07/08

ゴルフクラブ選びは、慎重に・・・

初心者の頃の話なのですが、自分はゴルフクラブの値段を知らず選び購入していました。
ですが、最近になって、ある程度のゴルフクラブを試してみた結果、自分はお金をかけ過ぎていたなと思いました。

というのも、自分はクラブ1本に8,000円もかけていたからです。その方法を具体的に言うと、わずかに合わない長さのゴルフクラブ選びをしてしまうと、初心者の時は特にそうなのですが、スウィング弧(スウィングの軌道)のどこかでブレてしまい、その状態で振るとボールがスライスかフックするという問題が発生するので、リラックス出来るクラブがいいと言う事です。

後は、ゴルフクラブ選びでセットで買う場合の注意ですが、出来る限り「軽い物」を選ぶようにしましょう。

というのも、ゴルフはフェースにしっかりあてるのが特に大事なスポーツなので、物によっては子供用のクラブセットでも重いものもあるので、特に初心者の時には注意して買ってあげて下さい。

そして、ゴルフクラブを選び終えたら、練習場に行くようにしましょう。そして、その時の教え方として、「小さな弧を描いて打つようにする」というアドバイスをしましょう。大きな弧を描く打ち方を教えてしまうと、最悪ゴルフボールに当たり損ねた時、手をゴルフマットに叩きつけてしまい、手首を痛めてしまう怪我の危険性が初心者の時よくあるからです。
2010/07/04

初心者のゴルフクラブ選び

ゴルフを始めたいお子さんがいる方は、ゴルフクラブ選びの際出来る限り以降の事をチェックしながら買うようにして下さい。

まずは、カーボンシャフトを選んで上げる。
その次は、スウィング中ぶれにくい物です。この2点を守らないと初心者ゴルフのまま成長せずにゴルフ嫌いになってしまうかもしれません。

その方法を具体的に言うと、わずかに合わない長さのゴルフクラブ選びをしてしまうと、初心者の時は特にそうなのですが、スウィング弧(スウィングの軌道)のどこかでブレてしまい、その状態で振るとボールがスライスかフックするという問題が発生するので、リラックス出来るクラブがいいと言う事です。

但し、ゴルフクラブの中でも初心者の頃は、6番アイアンがオススメです。

というのも、他のクラブではどうしてもスウィングの型や重心を感じながらのスウィングを体得しにくいからで、やはりその点でも6番アイアンは選び使ってみて、体験的に正解だった事が多かったです。

なので、初心者の時にもっとも良いゴルフクラブ選びをしようとするなら、まずはカーボンシャフトをお選びになる事が上達への早道です。

このカーボンシャフトは少々重く最初は、使いにくく感じる事かと思いますが、弱い力で打ってもボールを真っ直ぐ飛ばしやすく、またスチールシャフトよりも飛距離が出やすいので正にアマチュアのゴルファー向きです。