2010/04/28

バイク陸送の料金

バイクの陸送手段は、ライダーの旅にとって、最も重要なポイントです。フェリーに乗せるのも1つの手段ですが、時間がないツーリングには向きませんよね。

また、バイクの無人車航走などは断られることもしばしば。
安全にかつ早くバイクを運ぶためにはどうすれば良いのでしょうか。

バイクの陸送を考えているのであれば、やはり専門の業者にお願いするのがいちばんではないでしょうか。
預ける前後に業者と本人立会いの下、傷の有無などを確認する場合も多く、また、ネット上で見積り依頼を出せる業者もありますので、気軽に利用できますし、安心です。

バイク陸送の料金は、運ぶ距離、バイクの排気量、改造の有無などで数千円から数万円と、大きく変わります。
また、オークションなどの個人売買で、代引きになる場合は、その手数料などがかかりますので、見積もり時にはできる限り、詳細まで伝えるようにしましょう。
バイクの陸送は、出発地の「デポ」と呼ばれる配送拠点に愛車を持ち込み、到着地のデポでまた受け取るという方法が多くとられているようです。

行きたい土地にデポがない場合は、最寄のデポから自走ということになりますので、事前に業者への確認や準備をしっかりしましょう。
2010/04/28

バイクの陸送

バイクの陸送手段は、下手な運び方を選んでしまうと、ボディに傷が付いてしまったりして、楽しいツーリングが台無しになってしまうため、重要なポイントです。

また、オークションなどで競り落としたナンバー無しのバイクや不動車は断られることもしばしば。
ではどうすれば安全に運べるでしょうか。

バイクの陸送はやはり専門で行っている業者を利用するのがいちばんです。
たいていの場合、預ける前後に傷の有無を業者と本人立会いの下、確認することも多いので安心です。
また、ネット上で見積もりをとることも可能な業者もありますので、比較検討することもできます。

バイクの陸送にかかる費用は、運ぶ距離にも大きく左右されます。
その他にもバイクの排気量、国産車か外車か、改造はしているかしていないかなどでも変化します。

また、個人売買で代引きという場合は手数料がかかる場合もあります。見積もり依頼時にはできるだけ詳細を伝えましょう。
バイクを陸送するときは、まず出発地のデポ(配送拠点)に自分で持ち込み、到着地のデポで受け取るという方法が多いようです。

しかし行きたい土地にデポが無いこともありますので、事前に業者に確認をし、目的地まで直接運んでくれるドア・トゥ・ドアの業者もあります。
2010/04/22

オーガニック素材から作られている炭酸飲料

ビオナーデという言葉を、最近ちょくちょく耳にするようになりましたが、いったいなんだろうかと思って調べてみると、ドイツの会社でビオナーデ社という会社が開発、製造販売している発泡性のソフトドリンクなんだそうです。

製造過程がビールと似ており、麦芽を発行させた後に天然香料と炭酸を加えて作られているそうです。

ビオナーデは自然のオーガニック素材から作られている炭酸飲料です。味の種類は、ハーブ、ホルンダー(西洋ニワトコ)、ライチー、ジンジャー・オレンジの4種類が発売されています。通常炭酸飲料は化学添加物が含まれているのが当たり前ですがこのビオナーデは一切含まれていないのです。

そのことが人々の注目を集めているところでしょうか。

現在、ビオナーデのドイツ国内での清涼飲料のシェアでは、ファンタ・スプライト等のコカコーラ社の製品に続いて第2位となっているようです。

小規模なビール醸造会社の職人が、約10年という年月をかけて開発したビオナーデは、小さなイベントやスポーツ大会などで地道に宣伝活動をしてきたことが現在の地位を築いた大きな要因となっています。

現代の世界、特に先進国の趨勢は環境問題や健康的な生活を送るためにはどのように進めばいいのかといった課題が中心となってますから、ビオナーデのようなオーガニックを前面に打ち出しているような製品は今後、広く受け入れられていくような気がします。ビオナーデ社も製品に自身を持っているようで、コカ・コーラ社が数億ユーロでの買収を持ちかけたのですが、ビオナーデ社は断ったということです。